犬にノミを見つけた時の洗い方と駆除方法|効果的なシャンプー方法

nomitori

犬にノミが寄生した後、薬が効くまでに24~48時間かかります。
それまで愛犬の皮膚にノミが動き回っているのもかわいそう!!
自宅で洗ってあげて皮膚に寄生しているノミと卵をまず取ってあげましょう。
こちらでは、ノミ駆除の効果的なシャンプー方法と注意点をまとめました。
どれも簡単なことなので、シャンプーする前にざっと読んでから始めてみてください。

スポンサーリンク

犬にノミを見つけた時のシャンプー方法

犬にノミがいるかも。と思ったらチェックすべき場所と
シャンプー前に注意してほしい点はこちら!!
【犬のノミの見つけ方と見つけた時の注意点!!】

準備する物

◆シャンプー
ノミ取りシャンプーがなければ普段使っているものでOK
お湯で溶いて泡立てておきましょう。

◆ノミ取りブラシ又は目の細かいコーム
目に見えたノミはノミ取りブラシで取り除くのが一番簡単・確実です。

◆食器用洗剤を入れた容器
洗剤は水で少し薄めてもOK です。
ノミは絶対につぶしちゃダメ!!
中性洗剤に入れればきちんと退治できます。

◆タオル・ドライヤー・ブラシ等

◆掃除機・コロコロ・ウェットティッシュ等
洗い終わった後の掃除用具です。
シャンプー、ドライヤーする場所に合わせて用意しましょう。

(可能であれば)
◆犬用バスタブや浴槽
(お風呂に慣れている子や水が嫌いでない子の場合)
犬の背中の高さまで、人肌より低い温度のお湯をはっておくと良いでしょう

シャンプー前に、最低限のほつれを取る程度のブラッシングをしてあげてください。
ブラッシングする場所は、お風呂場などのノミ落ちても逃げられない場所がオススメです。

スポンサーリンク

犬のノミ駆除の洗う時の順番は?

1.耳の後ろから首方向にしっかり濡らす

ノミは水が嫌いです。
水がかかると動きが鈍くなり一時的に動かなくなります。

犬を濡らそうとすると、水から逃げようとノミも必死に逃げ回ります。
耳や顔に逃げ込んでこられたら取るのは大変!!

なので顔に上がってこないように、まず耳の後ろから首に向けてシャワーをかけていきます。
この時表面だけ濡らすのではなく、毛の根元までしっかり濡らすようにしてくださいね。

水を嫌がらないワンコで犬用バスタブや浴槽にお湯を張っている場合は、犬をその中に入れてから上のようにシャワーしましょう。

2.首の周りを軽く洗う

首の周りを一周するように泡立てたシャンプーで簡単に洗います。
ノミがワンコの胸や背中から顔の方に逃げてきた時、シャンプーの泡でブロックするためです。

ノミ取り用でも普段使いのものでも、シャンプーの成分がノミを気絶させてくれる効果があります。

3.お尻まわりとお腹からしっかり濡らしていく

頭にノミが逃げないようにガードしたら、お尻とお腹を濡らしていきましょう。
要は、ノミが逃げて背中に集まっていくようにお湯をかけていくのです。

最後に背中も毛の根元までしっかり濡らしていきましょう。

4.動きの鈍くなったノミをブラシで取り除く

水で動けなくなったノミが背中に集まっているのが見えると思います。
ノミ取りブラシでそっと取り除き、用意した食器用洗剤が入った容器にノミを落としていきます

同じようして、胸やお腹、足の付け根にいるノミを洗剤の中に入れていきます。
洗剤の成分がノミを死滅させてくれるので、取ったノミは放置せずに必ず洗剤の容器に入れてくださいね。

注意 水に濡れただけのノミは気絶しているだけなので、少し経つと動き出します。
パパッと短時間で取るようにして、取りきれなかったノミはシャンプーした後に取り除きましょう。

5.指の腹で優しく念入りにシャンプーしていく

洗い方は爪を立てずに指のお腹を使って優しく洗っていきます。

まず首回りや頭、お尻廻りを地肌を洗うようにシャンプーし、その後、胸元~お腹~背中としっぽに向かって洗い上げていきます。
耳や脚の付け根、内腿や肉球の間も念入りに洗ってあげてください。

ここでもノミを発見したら、ブラシで取り除き洗剤の容器へ入れていきます。
シャンプーで気絶しているので、取りやすいと思います。

顔を洗うのを嫌がらない子なら、いつもと同じようにお顔も綺麗にしてくださいね。

6.一旦洗い流し、二度洗いする

一度シャワーでシャンプーをしっかり洗い流します。
ここで流れていくノミもいるのでしっかりと!!

内腿や足の付け根などの毛が密集している箇所もチェックしながら行います。
片手で毛をかき分けるようにして地肌にシャンプーが残らないように洗い流しましょう。

そしてお湯に溶いたシャンプーで二度洗いし、再度しっかり洗い流します。
肉球の間も忘れずにきちんと洗い流してくださいね。

犬にノミがいないかシャンプー後のチェックを!!

犬の身体をしっかり洗い流した後は、タオルドライしてドライヤーなどで完全に乾かしましょう。
耳は綿棒で掃除して、肉球の間もしっかり乾燥させてくださいね。

シャンプーでだいたいのノミが取り除けていれば良いのですが、しぶとく残っているノミを見つけても落ち着いて!!
つぶさないようにノミ取りコームでそっと取り除いて、洗剤入りの容器に落としてください。

全身をしっかり乾かしたら、一度全身をチェックしてノミがいないか見てみましょう。

最後に浴室などの犬を洗った場所も洗剤で洗います。
乾かした場所も、ノミの死骸や卵が落ちているかもしれないので掃除しましょう。
使ったタオルは一度外ではたいてから洗濯機で洗ってください。

お疲れ様でした!!!
これで体表上にいたノミ駆除のシャンプーは完了です。

犬のノミは必ず再発防止で駆除をしよう!!

ただし、シャンプーで今いるノミを駆除しても
また寄生されてしまう可能性があります。

また寄生されて愛犬が痒い思いをするのは可哀そうですよね。

完全に駆除するには、シャンプーの後に病院などで扱っている「動物用医薬品」を投与してあげましょう。
ノミの成虫を駆除し、卵や幼虫の成長も阻止してくれるお薬です。

獣医さん曰く、ショップ等で売っているノミ駆除商品は「動物用医薬品」ではないので、気休め程度の効果しかないとのこと。

この「動物用医薬品」は病院で買うと高いのですが、今はネットでお安く手に入ります。

犬のノミ駆除薬をお安く購入できる方法
【 ノミ駆除薬お安く購入する方法 】でまとめているので読んでみてくださいね。

まとめ

ノミが犬の身体にいるのを発見したら一旦シャンプーで洗ってあげてください。

手順はこの通り。
【必要な物を先に準備する】

【頭の方からしっかり濡らし首回りを洗う】

【目に見えたノミを取り除いていく】

【優しく全身を二度シャンプーし、しっかり洗い流す】

【犬を乾かして掃除をする】

【動物用医薬品で的確なノミ駆除をする】

そして、二度とノミに寄生されないように予防をきちんとして愛犬をノミから守っていきましょう!!

実際に我が家の犬にノミが発生して病院にいきました。
その時の体験記事は【 犬のノミを病院で駆除してもらった体験記 】
でまとめていますので、合わせて参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする