入院日記 急性腎盂腎炎|症状や検査に治療の体験記

高熱 体温計写真

1日具合が悪く、夜に熱を測ったら38.5℃、翌朝まだ熱が高くて近所の診療所へ。
自分ではインフルエンザかと思いましたが、先生からは胃腸炎と診断され自宅療養。
薬飲んでおとなしくしているも全く良くならず、夕方には悪寒と震えがすごくて熱も41℃に。。。
これは胃腸炎ではないかも。とハアハアと息も苦しい中、総合病院の緊急外来へタクシーで行きました。

診断の結果、即入院。

こちらでは入院から退院までの日記を更新していきます。

急性腎盂腎炎の症状や検査内容と治療法

【症状】
高熱・悪寒・震え・関節の痛み(特に下半身)・頭痛・排尿時の軽い痛み・残尿感

【熱】
41℃

【検査】
・インフルエンザ検査
・心電図
・採血
・尿検査
・腹部と腰、背中の触診
・CR
・レントゲン
・X線
・血圧、心拍、酸素数など
(覚えてる限り)

【病名】(入院時点での診察結果)
ウイルス性の腎炎か尿道から感染の腎盂腎炎の可能性が高い

【治療】
血液検査の結果が出るまでに一週間ほどかかる
まずは抗生剤の点滴で菌を無力化していく
同時に体力回復と脱水症状にならないために栄養剤を点滴していく

1日目

緊急外来のため、検査や診察の後ERのベットで一晩過ごす

【熱】
一晩中 : 40~41℃

【体調】
毛布3枚でも震えが止まらず荒い息をしている状態

電気毛布を持ってきてもらいやっと震えが収まり

電気毛布をOFFにしてうとうとするが全身汗びっしょりで目が覚める

汗を拭き着替えて横になるとまた寒気と震えが始まる

➀電気毛布をまた付ける
➁震えが収まり電気毛布を消す
➂汗をびっしょりかく

を➀~➂を一晩に4回ほど繰り返しました。

部屋は暖かいのに歯の根も合わないほど震え
暑くなるとシャツ2枚の外に着ていたパーカーの色が変わるほど汗をかく。

その間、栄養剤はずっと抗生剤の点滴を何度かしてもらいましたが
病院に来てるのに何で熱が下がらないの?
と朦朧とした頭で思うキツイ一晩でした。

2日目

【熱】【点滴】【食事など】
※一日中栄養剤の点滴を注入
※1日4回抗生剤投与

5:00 : 39.6℃   解熱剤を点滴してもらう
一気に楽になりストンと寝ました

8:00 : 36.9℃ 抗生剤点滴
《 朝食 》
牛乳一口飲む➡︎疲れて寝る
起きて牛乳一口とバナナ一口➡︎寝落ちる

食べなきゃと思うが、口からものを入れる元気がなかった

10:00 : 37.2℃
レントゲン検査
担当医が決まったそうでERから普通病棟へ移動。

12:00 :《 昼食 》(食べられたもの)
お粥3口
ふかし芋 半口
豆腐 1口

全身の倦怠感がすごくて寝る
トイレに行くのもフラフラする状態

15:00 : 40.8℃
寒気、震え、息が荒い
解熱剤を依頼するが、届くのに1時間かかるとのこと。
なぜ?とも思うが、耐えるしかない。

後日聞いたところによると、この時カーテンが少し空いていたそうです。
新しく入院してきた人が、ベットに丸まってブルブル震えてハアハアと
苦しそうな呼吸をしている。。。何の病気!?
と、同室の子には初日から心配をかけました。

家から「持ってきてほしいものリスト」をメールしようとするが手が震えて入力できない。
携帯を持っているのもきつい。

変にタップしてしまうので、中途半端なメールを6通位送信してしまう。
当然、欲しかったものは届かない。。。(苦笑)

16:00 : 解熱剤使用
薬が効き、少し眠る

18:00 : 37.1℃
《 夕食 》
お粥5口
わかめスープ1杯
ひじき 3口

食べ疲れて寝る

23:00 : 解熱剤使用
眠れないのはきついので解熱剤を事前にお願いした。

同室の女の子がとても良い子でいろいろと面倒を見てくれる。感謝!

3日目

【熱】【点滴】【食事など】
※一日中栄養剤の点滴を注入

6:00 : 起床 37.1℃ 抗生剤投与

7:00 : 《 朝食 》
牛乳180ml
お粥 3口
ポトフ スープのみ少々
パイナップル 2切れ

コンビニに行けるほどに回復

11:45 : 悪寒が始まり熱を計る
39.6℃ 解熱剤使用
薬が効くまで大人しく寝る。

13:30 : 抗生剤投与
昼食(食べられたもの)
お粥5口
ほうれん草1口
白和え少々
赤魚粕漬け 1口

頭痛と少しフラフラするが歩けるし話せる。

18:00 : 37.4℃ 抗生剤投与
《 夕食 》
お粥 1/4
蒸し鶏香味ソース(レタス) 1切れ
大根味噌汁 1杯
りんご 1切れ

食べたくなくても時間をかけて少しでも多く食べるようにした。
夜は解熱剤なしに挑戦。(⇒結果問題なし)

24:00 抗生剤投与

スポンサーリンク

4日目

【熱】【点滴】【食事など】
※一日中栄養剤の点滴を注入

5:00 採血 検尿
6:00 起床 37.2℃ 抗生剤投与
7:00 《 朝食 》
お粥 1/4
ポテトサラダ 数口
ゆで卵 1個
ぶどう 3粒

体重を測りに行く。
お腹はぺったんこなので期待をしていたら全く変化なし。
点滴の威力おそるべし!

10:00 頭痛と腰が重くなり体温を計る
38.6℃ 軽めの解熱剤使用

12:00 《 昼食 》 抗生剤投与
お粥 1/4
肉野菜炒め 少々
ひじき 少々
味噌汁 1杯

食事のお膳も自分で返却ができるまでに回復
夜の快眠のために、昼寝をしないようにした。

18:00《 夕食 》抗生剤投与
お粥1/4
野菜サラダ 半分
魚の照り焼き 半分
里芋大根煮 少々

食欲もでてきて回復していると感じる。
解熱剤で熱を抑えて抗生剤で菌をやっつけることを繰り返してきたので、明日は熱が出ないことを願うばかり。。。

24:00 抗生剤投与

5日目

【熱】【点滴】【食事など】
6:00 起床 36.9℃ 抗生剤投与
7:00 《 朝食 》
パン 1個(マーマレード)
牛乳 180ml
オニオンスープ 1杯
サラダ 半分
ぶどう 6粒

12:00《 昼食 》抗生剤投与
ミートソーススパゲッティ 半分
コーンツナサラダ 半分
フルーツみつ豆 1口

昨日の採血の結果が出た。
担当医から数値が下がっているので安心との説明がある。
明日再度採血して問題なければ週末には退院出来るとのこと。

18:00《 夕食 》抗生剤投与
お粥 1/4
鯖塩焼き 1/4身
筍おかか煮 一口
白菜の甘酢漬け 少々

ついに栄養剤の点滴を外してOKとの許可が出た!!
今までは、着替えの度に一度点滴を外してもらって着替えたらまた点滴を取り付けたり、すごく煩わしかったのが外れて身軽に!!素直に嬉しい!!

今日は頭痛がするだけで、寒気もなかったので熱も測らず。

24:00 抗生剤投与

6日目

5:00 採血 検尿
6:00 起床 36.4℃ 抗生剤投与
7:00 《 朝食 》
白米!! 半分
味噌汁 1杯
青菜おひたし 少々
鮭塩焼き 1切れ
りんご 1/4(1個)

結果が出て、先生より退院の許可が下りた。

再発防止の注意事項は以下の2点。
・水分を十分に取ること
・トイレを我慢しないこと

退院して

生まれて初めての入院で、改めて健康であることの大切さを考えることができた。
通常では、腎盂腎炎は通院でも治療可能な病気だそうで、免疫が落ちていたことと
もっと早く来ていたら入院には至らなかったそうです。
自分の体力を過信しないで、今後は自分の身体を勞っていこうと思います。

【 腎盂腎炎で入院して医師に言われたこと等まとめ 】

【 間違いやすいインフルエンザの症状や特徴 】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. るみ より:

    私も今、腎盂腎炎です。
    熱が40度あるため、インフルと勘違いされやすいですね。。もちろんインフル検査は陰性。2日目に余りにも腰や背中が痛むのであらゆる検査をしました。それでやっと発見できました。この辛さは本人出ないと、わかりませんね。いま現在の方頑張りましょうね。

    • david より:

      るみさん
      今治療中なんですね。
      熱は下がりましたか??
      同じ思いをしている方に、少しでも私の経験が参考になれば嬉しいです。
      私も数日は本当にキツかったですが、きちんと治療すれば治る病気なので頑張ってくださいね!
      早く元気になりますように。

  2. ひろこ より:

    まさに今闘病中です。
    脇腹と背中が痛く
    吐き気もあり水分が
    思うように取れません。
    お水すらまずいです。
    24日の再検査まで
    自宅療養頑張ります!

    • david より:

      ひろこさん
      まさに今一番辛い時ですね。
      身体中ギシギシしますよね。
      私は点滴入れてましたが、OS1という経口補給液を常備してました。薬局などで売っているのでよければ試してみてください。自宅療養で水分取れないと脱水になってしまうのも心配です。。。
      少しでも早く症状が改善しますように。
      お大事になさってください。